何らかの理由でUltima Walletと Ultima Farmをブロックすることにした場合は、以下の手順に注意深く従ってください。資金の安全性は、必要なすべてのアクションをどれだけ迅速かつ正確に実行できるかにかかっていることを覚えておいてください。

ステップ 1: Ultima Walletをブロックする

ウォレットとそれに接続されているファームをブロックするプロセスは、Ultima Walletから始まります。そのため、ウォレットが侵害された (サードパーティまたはパブリック ドメインに陥った) ことがわかっている場合は、Ultima Walletアプリケーションを開き、Block Walletセクションに移動してください。このメニュー項目は、許可された状態でのみ使用できることに注意してください。

このウォレット用に作成されたスマート コントラクトの破棄を確認するメッセージが画面に表示されます。メッセージには、ウォレットのブロックに同意するとすぐに、締結されたスマート コントラクトの一部としてマイニングされるはずだったすべてのコインが焼却されることが示されます。これは、攻撃者が将来の利益を盗まないようにするために必要です。

右にスワイプして確認してください。

連絡先が多い場合は、解約の確認を繰り返し行う必要があります。

スマートコンタークが破壊されると、マインティングされていないコインはすべて焼却されます。

ステップ 2: PLC Ultimaサポートに連絡する

ここで、サポートに連絡する必要があります。これは、個人アカウントのWebサイトの「サポート」セクションから、またはsupport@ultimafarm.comに電子メールを送信して、すぐに行うことができます。

ブロックを開始し、すべてのスマート コントラクトを終了したことを示すサポート レターを作成し、Main Wallet (メインウォレット) とFarm Walletをリセットするよう依頼します。メッセージは自由な形で書くことができます。

サポートサービスがあなたをチェックし、あなたのウォレットを解きます。その後、あなたのアカウントにはMain WalletとFarm Walletがリンクされなくなります。

ステップ 3: 新しいウォレットの作成

Ultima FarmとUltima Walletアプリケーションでウォレットを終了する前に、設定の「ウォレットのエクスポート」ボタンを使用してそれらをエクスポートし、ウォレットからバックアップ アクセス コードを保存してください。

Ultima Walletアプリで新しいウォレットを作成してメインのウォレットとして割り当て、Ultima Farmアプリで新しいファームウォレットを作成する必要があります。

ステップ 4: 侵害されたFarm Walletをインポートする

ここで、侵害された古いファームをUltima Farmアプリケーションにインポートする必要があります。

電話が1台で、作成したばかりのファームを使用している場合は、アプリケーション設定メニューの「終了」ボタンをクリックするだけです。

 Ultima Farmアプリに移動し、侵害された古いファームをエクスポートします。

 

ステップ 5: インポートされたFarm Walletをブロックする

インポートが完了すると、Ultima Farm アプリの設定メニューにロックFarm Wallet ボタンが表示されます。

それをクリックすると、新しい画面が開きます。

右にスワイプして、すべてのスマート コントラクトの再交渉に同意することを確認します。

重要とは、既存のすべてのスマート コントラクトを再交渉する必要があることです。 ファームに 76 のスマートコントラクトがある場合、それぞれに再署名する必要があります。

契約は、再交渉時の状態で、新しいファームと新しいウォレットに再交渉されます。 たとえば、1つのPLCUが凍結されていて、12 のマインティング出力のうち4つがすでに凍結解除されている場合、新しいウォレットに切り替えると、8つのマインティング出力しかありません。

期待されるミンティング中にスマートコントラクトが破棄され、新しいウォレットと再締結されない場合、今月のミンティングは燃焼されることに注意してください。

スマートコントラクトの再ネゴシエーションが完了すると、コントラクトが再ネゴシエートされたことを示すメッセージが表示されます。

おめでとう! 紛失したウォレットをブロックするプロセスが完了し、新しいウォレットでのミンティングが再開されました! これであなたのコインは安全です!